エディアデザインガーデン|札幌のエクステリア・外構・ガーデンデザイン事務所です。施工例・実例集など掲載しております。

Blog - Masaki

高橋正樹ブログ

2017 年 4 月 のアーカイブ

今年もノンストップな季節の到来

お陰様で本年もはじまりました。まだ春本格とはいかないですが雪も解け気温も上昇気候にあります。

e/d,A. Landscape-Design(エディアランドスケープデザイン)ではお陰様で忙しくさせて頂いておりますが

実はエディア事業部から10年近くも事業部を続けると建築お庭も含めリフォームのお話しが多く

本当にまだ御連絡頂き本当にありがたくこの場を借りて改めて感謝もうしあげます。

当然喜んで頂いたお客様や失敗して陳謝することもありますが、

エディアとしてデザイン部分で譲れない部分は最後まで施工して

ご提供してきましたのでデザインの空間やオンリーワンを目指したい

お客様に再度お話し頂くことが多いです。

楽しみながら時間も限られておりますができるだけ

こだわった空間作りご提供したいものです。

夏もすぐですが引き続き本年もよろしくお願いします。

Masaki/t



建築デザインからのエントランスデザイン。



入口ドアデザインからは色々なシーンがでてきます。

和風引き戸
洋風開き戸
このようなシンプルな回転ドア

ドアの種類でもエントランスデザインは変わります。

素材は天然石
タイルなどでイメージは大きく変わります。

建築と同じ奥深い世界です。


Masaki/t



建築デザイン



お庭をやらせて頂いているお客様からの依頼で

建築リフォームで庭につながる入口と台所から見える空間を設計施工しました。

リビングから見える和室床の間の建具に各賞を頂いている

有限会社 吉原木工所という島根県の表具屋さんに作って依頼

して表具を作ってもらいました。

文化継承している細部までの表具デザイン加工は

庭につながる花鳥風月空間には本当に素敵な作品でした。

またお願いしたい逸品です。

Masaki/t

アプローチデザイン



生活様式とライフスタイルによってアプローチデザインは大きく変化する事は理解できます。

30代40代の世代は子育て仕事と忙しく緑を管理できる時間を持てる人は少ない事も

お客様と打合せしてきてよく理解できる。

都会は特にプライベートを確保する為に人が集い子供や人を

面倒をみる時代ではなくなりましたし

緑が生きる生活の一部でなくなった事が大きな要因であると思います。

昔の様に果実を取り野菜を育て食べる。

育てる事は簡単なではありません。

緑を好きでも管理出来ないケースが大半を占めます。

緑の少ないアプローチデザインの写真はそんな一例かもしれません。

しかしスタイルや個性を出すには本当にいいデザインだと思います。

ライフスタイルに何を選ぶか益々重要な時代になりそうです。

Masaki/t





ページtopへ