エディアデザインガーデン|札幌のエクステリア・外構・ガーデンデザイン事務所です。施工例・実例集など掲載しております。

Blog - Masaki

高橋正樹ブログ

2008 年 12 月 のアーカイブ

今年最後の作業は大切な道具整理..剪定はさみ

200812311452000.jpg200812311451000.jpg200812311442000.jpg200812311441000.jpg
■ 今年最後の作業は大切な道具整理..剪定はさみ
長く使っている剪定はさみ。種類は色々ありますが毎年手入れを行っています。
① サビを落とす
② 草木から出た油を落とす
③ 磨く
④ 研磨(刃を研ぐ)
このような手入れを行っているだけで結構はさみも長く使える物です。はさみは切れ味が悪くなり交換頻度が比較的高いものですが、3本の内2本は3年、赤いはさみは6年以上も使っていますが切れ味は変わりません。

価格も赤は3000円くらい.木製の物は2000円くらい.残りは2500円程度だと記憶していますが価格では無く手入れと大切に思う心なのですね結局。
毎年行っていますが結構楽しみになってきましたし、気に入った物を長く使う事の喜びや楽しさを知って本当によかったと思っています。

はさみの研磨の仕方は、市販のダイヤモンドヤスリで剪定刃の方向にこするだけの作業なので最初は出来ないと思うかもしれませんがやってみると以外に出来る事なので是非挑戦してみてください。

本当に今年もわずかですが来年の花草、プランを思いながら今年を振り返り過ごしたいと思います。本当に本年はありがとうございました。


今日で年内の営業を終了しました。

■ 今日で年内の営業を終了しました。
今年はe/dA.design3年目の年でした。おかげさまで急がしいの一言に付きましたが反省点は各ありまた。
しかし、飛躍と感触が良い年でもあり来年はさらなるアイディアとプランニングでお客様と楽しみたいと思っています。
HP改善やショップなど楽しい企画をもりもりおこなっていきますので今後ともよろしく御願い申し上げます。

ブログは年内報告も踏まえ描き続けたいと思いますが、営業節目としてご挨拶申し上げますと共に来年もe/dA.designよろしく御願い申し上げます。
高橋 正樹
         

五年目の木製フェンス~木製フェンス設置にお悩みの方~

r0013122.jpg r0013110.jpg r0013109.jpg



■五年目の木製フェンス~木製フェンス設置にお悩みの方~

我が家の木製フェンスですがついに5年目に突入です。
自宅に実際木製フェンスを作る際に悩んでいる方が多いのではないかと思いまして今日はフェンスに関してコメントします。

フェンスと言いましても色々ありますよね。
① 鉄筋コンクリートフェンス
② アルミフェンス
③ ブロックフェンス
④ 木製フェンス
⑤ レンガetc 

フェンスは家を飾るのにも大切な意匠の部分に入りまして材質の選別で家の雰囲気が随分と違ってきます。最近では材質も良くなり塗装や塗り壁も多くなりまして色鮮やかに意匠を選別演出できます。
そのなかで我が家では、デザインも含め木製フェンスをセレクトして施工しまして早くも5年目ですが、本当に良かったと思っています。

メンテナンスは過去2回塗り直しただけの手入れであとは全くしていませんが丈夫で日を追う事に雰囲気がでてきました。木製フェンスは手入れを定期的に行うと施工コストも安価で柔らかく素敵な演出ができ、強度も製作段階で考慮を行えば全く問題なく過ごしてくれます。

□メンテナンス  過去 2回 子供とサドリンという塗装材を一度塗布しただけです。
□ 我が家では塗装時間短時間30分程度で終わっています。

私は思いきってやってみる事をおすすめしますがメンテナンスが不安で出来ないと思っている方は是非一度再検討してみてはいかがでしょうか?。

北海道での家外管理に関して(アスファルト.植物.鉢.車庫など)

2008-02-28 003.jpg ■北海道での家外管理に関して(アスファルト.植物.鉢.車庫など)
ようやく雪が降り札幌もクリスマスの雪景色にはギリギリセーフの様ですね。
ところで北海道札幌地方での家外回りの準備は整っていますか。またどうしてだろうと言う事を少しだけ上げますので参考にしてみてください。

※家の前面アスファルトが冬になると凍って盛り上がる
※鉢に入っている越冬できる植物
※越冬できない植物

□まず、家の前のアスファルトが冬になると凍って盛り上がる現象ですが簡単にいうと雪を少しでもかぶせて頂けると防げるはずです。雪が保温の働きをして路盤の凍結を防いでくれますが、出入り口の場合が多いので5cm程度でも十分効果はあると思います。
私のお客様には、がんばって除雪していただけるのはうれしいですがどうしても凍結してしまいますのでこのことは必ず説明させていただいている項目のひとつで、凍結すると劣化やひび割れの原因になり補修が早まる原因にもなります。

□ 鉢に入っている植物は植え替えも大変なのでそのまま土の中に埋めてしまいます。同じく土が保温の役目をして鉢の割れや植物の凍害を防いでくれます。

□ 越冬できない植物はいろいろありますが、休眠させる事がいちばん簡単かもしれません。
定番のゼラニウムなどは北海道室内ですと日光が不足するためにどうしても徒長して姿形が崩れてきますので2度~5度くらいの所に最悪放置しても大体は生きて冬を過ごしてくれます。水切れだけ確認してほとんど与えない程度で越冬させます。文章だけでは難しいですから一度チャレンジしてみてはどうでしょう。寒さにも強くなり株も丈夫になり春元気に大きくなりますよ。(日光はいらないです)

最後に散水栓の水落しを忘れずに御願いしますね。
北海道の長い冬が始まりますが早く春が来ないかとこれから始まる冬に投げかける私でした。










店舗デザインの提案...

スクリーン用サイズ店舗 メキシコ3.jpg 当然私が行うから当然ガーデンやエクステリアがあり緑と調和する感じで表現したいですよね。

□居住する所って、ハウスデザインだけでは本当に寂しくどこか緑があないと寂しいですよね。偏った表現ではやっぱり良い物はできません。

建築設計の最近ではエクステリアも一緒にご提案するところが多くなってきましたが結局予算があり後回し..っていうのが多いみたいです。それですので私の所にご相談を頂ける事の確かなのですが、やぱり建築サイドでもう少し考えてください..なんて思う事が沢山未だにいありますね。(とほほ)

前にもお話しましたが、クライアントがいちばん費用的にロスを負担しますので予算もあるのですが、最低住宅基礎工事の際は庭黒土などは入れたい物です。
建築計画をしてい側からしてみればいろいろ有るのでしょうけど。

話しはずれましたがイラストとりあえず気に入って頂きました。
メキシコ料理店なので南米風で色合いは原色を3種類くらい使うとそれらしくなります。
最近ではこんな依頼も多くなりまして段々久々に住宅を設計してみたいものです。弊社得意のRCと木造の混構造で格好良く表現してみたいですね。(住空間のご提案もいいですね。楽しそう)




イラストの書き方

1129_001-3-1.jpg 1129_001-3-2.jpg 

 今日は12月18日なのに雪が積雪ゼロになってしまいました。思えば幼い頃はこんな事なかったですよね。昭和生まれの人は思う事おなじだと思いますけど雪が多くてほんとうに通学など大変だった記憶があるので本当に温暖化している事と地球も変化している事が伺えます。
えーと難しい事は置いておきまして今日は最近書いたイラストを掲載します。

イラストはどうやって書いているかと質問もありましたので簡単にご紹介します。
私はイメージ先行で描写していきますから描く順序としましては

□ イメージを膨らませます。(結構細部まで思い浮かべます)
□ はっきりしない所は紙に描写します。
□ デッサンに入ります
□ 鉛筆と定規兼用で書き始めます

ラフデッサンからインクを入れてホォトショップとイラストレーターで加工して出来上がりです。
大体半日から一日で仕上げますが構想に結構時間が掛かります。
どれもオリジナルエクステリアを目指していますから本当に大変ですし、実際プランが詳細であるほど手間が掛かりますがクライアントの事を思うとどうしても力が入ります。
でもほんとに始めた頃よりもうまく描けるようになりました。
今度は植物画に挑戦します。どのように描けるか今から楽しみです。



越冬できた植物..

IMG_4639.jpg おはようございます。
先日冬囲いを行った際に、無事越冬している樹木をご紹介します。
首都圏本州では垣根に使用したりしている「マサキ」です。
植樹の種類を北海道札幌付近で増やす為に2年前に花の牧場の実験用として購入している物を分けて頂いたもので、寒いので越冬するかなと思いつつ購入しました。

冬囲いで気を遣った点は
□ 風が多く当たらない用にムシロを掛けました。
□ 枝をできるだけ纏めて寒さが入らない様に工夫しました。
□ 縄を多く巻き付け枝が出ない様にしました。
□ 倒れない様に支柱を太くしました。

自宅は北広島ですが条件的には良好であったのか無事越冬3年目で株も随分おおきくなりましたし葉張りも成長しました。条件で考えられるのは
□ 風が少ない(風が強い所は不安です)
□ 雪がつもり冬は埋もれます。
□ 気温が札幌に近い所。

北海道も本当に暖かくなってきまして越冬できる植物も多くなってきました。これは環境的には良くない事ですが園芸趣味をしている方には本当に楽しい。なんか微妙ですね。
他に我が家では普通のゼラニウムなんかも越冬しています。これも面白いのですけど、秋の寒い時期のほうが葉や花が元気で夏は元気ないのです。
もう5年以上前にサカタの種から購入して普通に室内で育てていたのですが、廊下.玄関.玄関フード.外.と順番に寒さで実験していくうちに対応変化したものと考えられます。
植物も人と同じで環境変化に対応できる植物なのです。
他にもいろいろ実験してますのでご報告申し上げます。

マサキ(正木)
【和名】マサキ [柾、正木]
【学名】Euonymus japonicus
【科名】ニシキギ科 CELASTRACEAE

垣根に使われる事が多いので日当たりが良いでしょう。剪定にも強く形を作りやすい樹木です。これから大きくなったら形を作ろうと思っています。
根は浅く細かい根が少ないので移植は少しだけきをつかったほうが良いかもしれませんがニシキギ科なので強いので樹木の扱いは楽なほうだと思います。











自宅の植物で素敵な工夫で..捨てるなら考えて演出

IMG_4659.jpg IMG_4682.jpg IMG_4641.jpg  IMG_4636.jpg 

札幌も寒い日が続くようになりましたね。
今年は本当にありがとうございました。私ごとですが家族の事なども有りでお客様には伺えないような日も続き大変申し訳ないような気分の年末と、反対に本当に沢山のお客様に囲まれた一年でうれしいかぎりです。

そんな中久々の休日は家の仕事がいっぱい溜まっています。やっと庭木々の雪囲いや剪定をしましたが、そのとき時行った事のワンポイントアドバイスです。

前にラベンダー.サントリナのリースをご紹介しましたがこの度は、白い枝が素敵なロシアンセージを使いモダン風オブジェを作ってみました。
ロシアンセージは毎年冬前に根本から剪定して枝は捨ててしまいますがこれも捨てるならと思い作ってみました。レシピは次の通りです。
ちなみに花瓶はフウチソウの葉を使っています。

■ ロシアンセージの枝
■ 100円ショップの花瓶
■ 100円ショップの造花

自宅はモダン風ではないのですが結構素敵に出来上がり玄関を演出してくれました。
私はドライで結構飾りを作りますが良い所は
■ 色変化が少なく長く鑑賞できます。
■ シンプル以外に素敵にできます。
■ 色が少ないので迷いません。
 今回剪定でセージを見て驚いた事は、まだ水か上げ(根から水を吸収している)をしている様子が枝中心より水分がにじみでている為確認できた事です。こんなに寒いのに凍ってないのですね~。植物の強さを改めて確信した時でした。
しかし、遅い冬囲いでした。庭のみなさん大変おまたせしました。
今年ももう終わりですね。最後までがんばりましょう。

□ロシアンセージ
特徴:シソ科・耐寒性多年草でパキスタン・コーカサス地方原産。
別名 『サマーラベンダー』。
見た目がサルビアに似てる事から『セージ』と呼ばれていますがサルビア属ではありません。
耐寒性は-20℃迄あるそうです。
■日当たり:日光が好きです。
■屋内外:寒さに強く屋外越冬可。   
■水やり:高温多湿に弱いので過湿に注意し土が乾いたらたっぷりとが普通ですが我が家では放置プレイ。かなり丈夫です。ドライにも強いと思われます。
■花時期:6月~10月頃。
■増やし方:種蒔き・取り木・挿し芽。



クリスマスリース

c00561.jpg  2007-08-25 033.jpg P1000019.JPG P1000018.JPG 
札幌は雪も降り.すっかりクリスマス本番ですね。クリスマスと言えば日本では24.25日で盛り上げって終わりですけど、キリスト教の中ではクリスマスは12/25に始まり1/6までですよね。
段々盛り上げってクリスマスを過ごします。各国過ごし方は異なるようですが日本的なクリスマスの過ごし方である事は覚えていたほうが少しだけ知的なクリスマス知識かも..

そんな各お宅を伺うと素敵なリースがありました。玄関ドアを隠すくらいのクリスマスリースで本当に素敵です。今年は新築と出産を同時に向かえたお客様ですがなんと双子だったのです。
本当に素敵な事ばかりですね。
来年以降はお子様が成長して、家族で楽しめる様にもっとリースが大きくなったりして。

リースと言えば、自宅のガーデンで楽しむリースを前にもご紹介しましたが覚えていますか?。
■ ラベンダーリース
■ サントリナリース
私の家族は家内が時間があるときに自作で作っています。特にサントリナのリースは色の変化が少なく本当に良い物でした。参考までに..
みなさん楽しいクリスマス過ごしてください。

リース材料
□ 100円ショップで購入の園芸用の丸い針金
□ 100円ショップ飾り
□ お庭にある植物
※ドライにしないですぐ取り付けたほうが作業しやすいです。




冬季現場動いています。

morita (4).JPG morita (9).JPG
もう12月も半ばになりもう少しで師走ですが、弊社ではまだ現場は動いています。
しかし有る事で苦戦してます。
苦労に苦労して作ったエクステリアラインの色使いでかなり苦戦してます...
奥様の指向でアクセントタイルの色が変更になった事もありますが、全体的な調和が浮かんでこないのが最大の原因です。
全体的に纏まってきましたが相変わらず作り込んでいくとオリジナルな物が増えてきた感じもあって大変でした。今年は、植樹と塗り部分を残して終わりそうです。

■ コンセプト
.ローメンテナンス
.シンプル過ぎず少しオリジナルを含ませる。
.でも少しかわいく(このご注文が大変でした。)

□商材は
.自然石
.インターロッキング(英国)
.コンクリート塀
.フェンス(鉄筋加工.オリジナル.塗装) サビを微妙に出したいので。
.照明3カ所
.オリジナル表札.(再作中)
.自然石の目地に英国目地使用

■ 施工の注意点
.自然石が多いので接着使用の際は気温も考慮してボンドを併用
.コンクリート工事が大きく占めましたので、鉄筋ピッチ.コンクリート強度.施工方法に留意
.花の牧場支給の自然石目地材の施工方法
.気温が零度以下になるので、作業終了後の養生や防冬材の使用量など検討が必要

ページtopへ