エディアデザインガーデン|札幌のエクステリア・外構・ガーデンデザイン事務所です。施工例・実例集など掲載しております。

Blog - Masaki

高橋正樹ブログ

2008 年 4 月 のアーカイブ

和風坪庭。

和室1.jpg pict1710.jpg
e/dA.design-gardenで初めての坪庭。都県でのイメージで出来るだけモダンで変化があるイメージで表現しました。竹の縛りを補正しますが良い雰囲気がでした。杉コケ、トクサ、枝垂れ、主石と川の流れ。
イラストとは変化させましたが楽しかった。
でもHPにはスタイルが合わないのでブログに....でもこれからも和の仕事行いたいですね。
pict1737.jpg

アクセス札幌でのイベントと業界の体質。

最近はめっきり暖かくなり梅もきれいに咲いてきました。木々も新芽から葉をだし新緑に変化して本当に長い冬がおわりそうですね。

 そんな中先週無理矢理時間を作って「タカショウガーデンイベント」のイベントと「開拓祭2008」というイベントにいってきた事を書きたいと思います。
開催場所はアクセス札幌で行われ、ちょうどそのとき私は坪庭の製作に取りかかっていたので、時間を無理矢理作って観覧をしてきたのですがこれが本当に両極端な人間関係で本当に残念。実は本気でがっかりして帰りました。
タカショウのイベントでは大きなブースが陳列され素敵で接客も親切丁寧にご説明頂き良く理解でた内容でした。
タカショウさんは販売する気持ちがつわりました。

しかし隣のイベントでは閉館1時間前もあってか私が商品を見ていても横で社員同士がお客無視で関係ないお話をしていたり、特に東洋エクステリアのブースの担当者はどこかの担当者と展示してあったTV画面をおもしろおかしく見て遊んでいる様にしかみえませんでした。お客が近くにいるのにほとんど無視しているようにも見えました。これってどう思いますか?。

偶然にしても接客ができていません。
本当に気分の悪い一日でした。
営業にきているのに売る気持ちが伝わらないイベントなんでどうなのでしょうね。会場全体にそんな雰囲気を感じ帰ってきました。

久しぶりに書いた日記がこんな感じで申し訳ありませんが、どうしても伝えたくて日記にします。
次はこんな話ではなくて出来上がった和風庭園に関して乗せますね。














広告デザイン

edA Design 広告 2案.jpg 今日はe/dA.designで掲載している広告に関して少し書いてみます。
日頃、e/dA.designのガーデンやエクステリアのプランニングに関してはほとんどがご紹介でつながっています。これはほんとうにうれしいことで感謝の言葉につきません。
本当は結構広告を出していたり、特徴的な空間を作る私たちになのでメディアに取り上げたりして結構雑誌とかにのっていたりします。
HPなどにメディア掲載面をつくり宣伝を行えばとおもっていますが何分先に進まず申し訳なく思います。

ほとんどの広告紙面プランは広告を出す側ではメディアに依頼する方法を利用していますが弊社では自社でイメージをつくり提出しています。
なかなか時間が掛かり大変なのですが....

写真は札幌地下鉄円山駅構内の宣伝デザインですのでよかったら見てください。もう少し周知にがんばらねばいけませんね。

北海道はエクステリア、ガーデンもようやく本番です。はやくもプランニングで疲れてきましたががんばります。


ニセコのエゾ富士

2008-02-28 006.jpg 仕事でニセコ方面にいってきました。最近ニセコは外国の方が多く在籍しておりまして、今回の仕事内容も外国国籍方のペンションアプローチ設計依頼でした。
仕事も終え気が付くと大きな山が...蝦夷富士..羊蹄山..
見事ですね。
私の仕事も自然と向き合う仕事。本当に自然が多く語りかけてくれると結構うまくいきます。東京で生活している時は全然思わなかった気持ちと感情が今の仕事の楽しさを教えてくれた時間でした。

真上からのイラスト

kuroda.jpg 解りやすく一度で確認できるにはと最近いろいろな方向で書いています。どうでしょうね。
木製カーポートから見える奥は宿根草のガーデンで、アルケミラ、アスチルベ、タイム、ガウラ、デルフィ、ets
最近では本当に忙しくなってきました。ゆっくりガーデンでもして植物たちとお話してみたいです。

お客様の持っているイメージの理解するには..イラスト。

上空からのパース1.jpg アリーアメリカンが好きなお客様からの依頼です。私は本質を理解してういませんので外回りはどうかと思いますが、勉強しましたら初期のアメリカを意味し19世紀前半の開拓時代をの装いをアリ-アメリカンというそうです。正直意味が広すぎますので私の今あるイメージで少しだけ草花を多くしてイラストにしてみました。
気に入って頂けたようなのでよかったですけど、移民の国アメリカはどの地方にいっても違う文化がある為本当に広い解釈ができると思うのです。イメージを理解することは難しいですね。

想い通りのお庭や家を造る方法は?

t040503d.jpg 誰でもイメージ通りの空間や家を作りたいですよね。それは自身の為でもあるし家族や彼女彼氏がいれば皆で喜べる様に演出できればそれは楽しいでしょうし生活も変化します。
私はいつもブログで書いていますが、本当に人との出会いで一瞬で長い出来なかったことが出来たりします。ですから、人との出会いは本当に大切にしますしどうしたらそこの一瞬の出来事から仲良くなれるか常に想い描き楽しんでいます。(つらい事もありますけど)

ガーデン空間で良いお庭を作るにはまずキャンパスに想い描いている空間やお花をランダムで良いので書いていきます。それは色だけの丸いサインみたいな絵でも良いと思います。
目の前にあるキャンパスにまずは想い通りに書いてましょう。最初はびっくりするくらい違う空間になると思いますがキャンパスを見て良く考えると気づく事もおおいはずです。
普通であれば好きな花ばかり書きますからまず色の多さに気が付くはずで、そこからマイナスしていくことがコツです。

つまり、マイナスデザインが素敵に演出できるこつだと私は考えています。すきなお花たくさんありますけど植えすぎず配色を少なくして、後ろの背景を考え前面のお花の色が素敵に輝くような配色を考えてみましょう。

次に、あれこれかんがえましたからまずははやってみてください。
植え付け配色を見て多くを感じ勉強できるはすですし、お花が話しかけてくれるはずです。『うーんここは住ずらいですよ』なんてね。
ほんとうに話しかけてくれますからきっと楽しくなりますよ。(笑い


話はかわりますが、タキイの種の雑誌で素敵な低木をみつけましたのでご紹介します。

和名 コルクウィッチア
学名 Kolkwitzia amabilis
科属 スイカズラ科コルク
ウィッチア属. 説明初夏にゆるく垂れ下がった枝を覆うようにラッパ状の花を多数付けます。

種類はたくさんある様ですが、低木でスイカズラなので北海道でもなれれば越冬すると思いますから私買ってそだててみたいと思います。
花がきれいで気に入りましたし北海道も本当に楽しい時期になってきましたね~。


シンプルデザインとの調和

e1.jpg 正面パース着彩1.jpg 先日設計事務所からの依頼を受け、エクステリアのイメージを書きました。新規のお客様の事もあり2つのタッチで描写。
いろいろなプランがありまだまだすべて表現できないことが勉強不足であるが、さらに上を目指して。



ページtopへ