エディアデザインガーデン|札幌のエクステリア・外構・ガーデンデザイン事務所です。施工例・実例集など掲載しております。

Blog - Masaki

高橋正樹ブログ

2006 年 11 月 のアーカイブ

「英国ガーデンシリーズ,休憩?」


今日は,仲良くしているお客様の奥様の写真です。4年位前になるでしょうか,三井関係者よりご紹介がありましてガーデン工事をおこないました。最初は,ご主人や奥様にいじめられて(仲良いから笑いながら書けます。笑い)大変でしたがデザインも内容もハマったらしくて今では何件かご紹介も頂き,今年引っ越してきた同居のお父さんとも仲良くなって楽しいおつき合いをしてます。お父さんの引っ越しの手伝いも行ったのですがタイミングが悪く終わってまして,TVを取り付けてきました。(笑い)

全面の庭も,続きをお父さんが自作で行って立派になり空間としてはとても素敵になりました。そんな楽しい家族のきれいなお母さんをご紹介します。子供2人で大変そうですが,献身的なご主人,元気な子供達,きれいな奥様,本当にうらやましいですね~。
家も庭も今後ともきれいで,引き続き楽しいライフ生活を送ってくださいね。☆☆


「おはようございます。再度英国ガーデンシリーズ?」

6aa56450971eb46c3e00eb39918ec96a.jpga474f6bb561d0203f404672d8b5012d4.jpg
 おはようございます。再度英国ガーデンシリーズを書きますね。(段々濃くなってきましたね~)
今回は結構ベタな写真を掲載しますが,なかなかやはり異国の文化は良いものでベタな写真ではありますが雰囲気と景観形成までの苦労が伝わってくる写真です。写真では,広い敷地のオープンガーデンを主体にデザインしているようですが,馬の形の形成や形維持は苦労と費用の板挟みで見せる側も大変。植物の健康管理と景観管理は想像以上に費用と手間がかかりますので,その国の文化でなければなかなか維持演出はできないでしょう。日本も,和風文化が根付いていますので赤松,黒松などの剪定技術は一般世帯でも行っていますので同じ感じで,写真も行っているのでしょうね。

 しかし,イギリスのガーデン文化みたいに空間演出は費用が掛かりゆとりがないと出来ない様に感じますが,一つの風習や文化に近いものに考え,一人一人が少しずつ自身で施工してみると少しずつ変わってきます。そんな,オンリーワン空間,独自の雰囲気を少しずつ今から初めてみませんか?
name/masaki-t


「英国ガーデンシリーズはお休み?デース。☆」

d27139a6f7d843e1366b7ede57545164.jpgd27139a6f7d843e1366b7ede57545164.jpgf888564af3b1cfb3560b080840792860.jpg
ガーデンシリーズは少し懲りましたので(笑い)今日は,昨日行って来たお客様の見事な自作子供服をご紹介します。
初めて作ったみたいですが,あまりにも可愛くて写真とらせてもらいました。
まず,襟袖のひらひらと胸元のデザインがオリジナルを感じ,また全体の色が素敵な雰囲気を出してますよね。
こんな,服を着れる子供がうらやましいかぎりですよ。

創作意欲は物を作ると大きく膨らむもので,こんな素敵な服の次は何が出てくるか本当に楽しみです。(プレッシャーに感じないでね☆)私も実は,皮の財布を制作中ですが,今回は手縫いに挑戦すますので本格的なものが出来るはず(?)なんです。私も負けずに紹介しますので,以後何かご紹介できるものありましたら教えてくださいね。
name/masaki-t


「英国ガーデンシリーズ6」

52090ec86e5efeaf390a893520b5dcae.jpg
 懲りずに,英国シリーズ写真の掲載をしますね。(笑い)☆
まず,詳細確認ですが,ガーデンデザインの中に日本的テイストが使用されているのが理解できますか?。日本でも洋風ガーデンがしたしまれるのと同じで海外では日本テイストがなかなかいいみたいですよね。各国オリジナルな空間を求めている事の証みたいな写真ですよ。ハワイは有名な日本人ガーデンデザイナーがいますし,アメリカ本土でも日本テイストが受け入れられているのは,個人の欲求ははてしない証拠ですよね。(わーお☆)

 日本では次の空間デザインはどの様になるのでしょうかね。東京や全国を走り回っていた頃は色々物差しがあって比べられましたが札幌に落ち着き始めると物差しが古くなってどうしてもアンテナ感度が下がってきますよ。(笑い,でも本気でやばい)
 常に,刺激的で楽しい生活を過ごすのには本当に自身が日頃から工夫して過ごす事が必要な事を,改めて写真をみて思い感じました。
name/masaki-t


「英国ガーデンシリーズ5」

b4585514582cb67b6253a774d5f18ab2.jpg
英国ガーデンシリーズ続きますね~。飽きてきましたね(笑い)
さて,今回は珍しい写真を掲載。☆☆
疑木ってわかりますか?。本物の木だと腐りやすいのでコンクリート製品で作って腐らなくしたもので,その製造過程の写真を掲載します。一枚目は枕木の型押しで木の質感を出すように加工しその中にコンクリートを流し込んで行きます。固まってから,取り外して回りを処理して出来上がりです。


うまくできるものですね~☆。もともと外国からの技術提供らしく日本ではあまり上手ではないですよね。と言うか雰囲気が出ないのが最大の難点でしょう。以後,まだまだ沢山あるので懲りずに英国ガーデンシリーズ続けていきますね。
masaki-t


「英国ガーデンシリーズ4」

f19c6c78ee2f0670d382a12a0631ceb0.jpg
英国ガーデンシリーズも早くも4回目で,弊社バイヤーもいろいろ回っているので次号は中国製造工場遍でもやりましょう。今回の写真は,100年くらいの建物ですがそれに付属するポットの鉢にラベンダーが何気なく移植されている。日本では古い建物でこの様な文化のある風貌は無いですし本当にいいですね。~日本はこんな文化継承がいつくるのか,昔の東大寺やその他のような古さが良い文化継承がなくなりつつありますよね。北海道は特にないですよね。


パーゴラも灌木を無造作に組み合わせて古ぼけていますが,味が出てます。全体に建物は古くいろも塗って無いですが,本当に風情のある文化だと思います。古さが似合うくになんですね~。

Masaki-t


「英国ガーデンシリーズ」

aa3894cf71d7b0cad4fd78ab54432f3a.jpg65fe9dc2affc11b05dfa7a0041961d65.jpg
しばらくぶりです。英国ガーデンシリーズでご紹介します。まず上のフェンスをみてください。形はともかく色が素敵だとおもいませんか。?なかなか出せないいろだと思いますし,そこまでこだわってやってくれる方が本当に北海道には少ないと思います。(知らないだけかな,うふふ)ちなみに私はかなりこだわりますよ。今回まだ上げてないですが,次回UP予定の木フェンス色は本当に良い色ですので本当は実物を見て欲しいくらいの自身作。是非一度機会があればご案内します。

 下記写真は,ガーデン展示会の写真で,擬木を巧みにつかってデザインしていますよね。商材もそうですが,センスと発想が国別で大きく変化しますので本当に面白いですよね。今度,施工してみたいテイストがあるので是非お話し聞いて頂ければ,素敵な空間つくりとオンリーワン商材の組み込みでその辺にはない空間を提供出来ると思いますよ。(はは。)

ページtopへ