エディアデザインガーデン|札幌のエクステリア・外構・ガーデンデザイン事務所です。施工例・実例集など掲載しております。

Blog - Masaki

高橋正樹ブログ

2006 年 8 月 のアーカイブ

「植樹のお話し」

3824375b402264480fc402eff0340209.jpg6a0a1ccc5a0a745e721c3d6d4078f04d.jpg なかなか北海道のあったお花や木々を特色あり植樹するには難しいですが,弊社では私が山々を走り回って有った木を植樹しています。
どこの植樹販売店でもそうですが,簡単にそんな木はありませんなどと言われてしますが私はめげずに探します。だって植え込む側の立場で考えると本当に形のそろった木々がいいですよね。

その分,時間が掛かりますし植樹の選別には一番頭のいたいところではあります。

「海ガーデン?」

0f9eb1b79b2ef3b2199e0b73ffab850d.jpg
先日海に行って来た写真がきましたので掲載します。
空と海のハーモニーが何とも。新しいガーデンイメージが沢山浮かんできた一枚でした

「みなさん忙しい日々を大切に」


毎日忙しいでしょうか,みなさん。お盆になりお墓参りや親戚挨拶など恒例の行事の方がほとんどですと思います。最近,海の青さはどの色だったかな,と思い家族で海に行ってきました。久々の半日休暇でしたが,海は青いし,広いですね。子供は初めてのヤドカリにびっくして楽しかった様ですし,家族の絆を改めて考えさせられました。海を見ているといろいろな意味で後悔が多く思いだしまして少し小さくなった私がいました。20代は20代の常識で動いてき,30代は30代の小さな常識で,改めて恥ずかしくなり,今の現状でしか感じられない動物の悲しさみたいな事を強く感じました。私は住宅建築から,入り現在ガーデンと建築空間のデザイン設計を行っていますし,これからも続けていきいきたいと思っていますが,答えの無い,豊さのと安らぎの空間設計に完成形は本当に無いことを改めて思い,いろいろと感じる事が出来る良い日でした。

私も日々みなさんに忙しくさせて頂いていますが,今後とも精進しますのでよろしくお願いします。
*とても感動の日でした。

そこで花言葉。
ぺチュニア- 君といると心和む、心の平安や安らぎ

「自宅お庭のお花開花」

6f69a5cf6f2bca2e0bc2b6c60167c8cd.jpgbcddcb9613f98e3797fcf3e1d117b3de.jpg
自宅お庭のバイカウツギが開花しました。
2年目ですが,お花がついてきれいで,樹形も出来てきて今後が楽しみです。世界各国でみられる人気種であり,お花と葉が小さく,低木で2m~3m位まで。比較的暴れてY形に大きくなりますので形を整えながら成長させるべきだと思います。

他に,ノリウツギ,アジサイなどが仲間でユキノシタ科です。
ちなみに,バイカウツギは,ユキノシタ科バイカウツギ属で,使い方は,1m位の塀などから,葉がこぼれる感じで頭も少し見える外観や,アクセントとしてお花の中に入れるのも良いかも。
他にも低木でお花の付くきれいな木は沢山ありますのでまた紹介します。

「涼しげなニセコの清流」

9f92a56854b1cf6387b4008d3c2ad2e8.jpg
仕事でニセコに行って来ましたが,清流がとても安らぎをくれました。山々から冷たい水が集まり一つの流れになって行き,大きな川になり更に木々に栄養をくれます。すごい自然の流れです。
ところで,写真の石にコケがはいてますが,みなさんご存じですか?コケの事は私もよく理解していませんが,調べると以外におもしろいですよ。一読してみてください。

コケ植物
こけ”は小さな植物をさすことばで,古い日本語の「木毛」や「小毛」からできたことばだと考えられているそうです。さらにコケと呼ばれる植物のなかには,いくつかのまったく別の植物がふくまれています。コケ植物は,維管束(水や養分の通り道)をもたず,胞子でふえる植物で,スギゴケやゼニゴケのなかまがこれに含まれます。スギゴケのなかまはセン類,ゼニゴケのなかまはタイ類と呼ばれ,セン類とタイ類のほかにも,田んぼなどで見られるツノゴケというなかまもあります。などいっぱい種類があり奥が深そうです。
もっと勉強してみます。

「仕事で富良野。」

bd39a90ad8fbafe80f76461b0ae9acdb.jpg
お客様のご要望で富良野に行ってきました。ラベンダーがいい感じで咲いていてにぎわっていましたね。ラベンダーの種類と植樹の確認,それと旭川の上野ファームにもいきました。この時期はどこも素敵に色が出て東京各地では見れない様な涼しげで素敵な風景が広がっていました。

そこで有った木々の説明を一つしますね。
富良野の有名な木がありましたが,たぶんハルニレかと思いますが違ったらすみません。(遠くで確認しましたので)
すごく大きく,壮大な樹木でした。ちなみに携帯で撮影してます。

科名:ニレ科ニレ属
漢字:春楡 英名:Japanese elm
別名:エルム・チキサニ(アイヌ語)
樹高は20-30m。樹高、幹まわり共に堂々たる大木に育ち、知床の樹木の中で、最も大きくなる木のひとつ。
チキサニ:チ(我ら)キサ(擦る)ニ(木)、アイヌは、この木で火きり杵と火きり臼を作り、互いに擦って火を起こしていたそうですよ。


ページtopへ